焦らなくてもいい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識ー著 水島広子より 拒食症と過食症の関係について

こんばんは➚ (ૢ›◡ु‹⁎)♡みなです。また台風が出来ましたね(>_<)皆さん気をつけて(>_<)

さて、今日は、焦らなくてもいい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識ー著 水島広子より 拒食症と過食症の関係について書きたいと思います(*’͜’ )⋆*

摂食障害は、大きくいうと、「拒食」の要素と「過食」の要素から成り立っています。

「拒食」の要素というのは、体重増加恐怖症のようなものです。「やせたい」という積極的な気持ちではなく、「体重を増やすのが怖い」という方が近いと思います。「過食」の要素は、ストレスにゆきづまると過食する、というものです。

過食をともなわない拒食症の人には、「拒食」の要素しかありません。治療としては、「拒食」の要素だけの治療をすればよいということになります。過食をともなう拒食症の人は、「拒食」の要素と「過食」の要素がともにある状態です。「拒食」の要素と「過食」の要素の両方を治療していく必要があります。イメージとしては、2つの病気を同時に持っているようなイメージです。

最初のうち拒食症だったけれどもそのうち拒食症になった、という人も少なくありません。

この場合も、過食をともなう拒食症ほどではありませんが、「拒食」の要素をかなり持っている過食症だといえます。

なお、「拒食」の要素がまったくない過食症が、「むちゃ食い障害」だと考えると分かりやすいと思います。むちゃ食い障害の人は、ストレスにゆきづまると過食はしますが、体型や体重への異常なとらわれはありませんので、まさに「過食」の要素だけであるといえます。

過食症の人は、もちろん「過食」の要素を持っていますが、それ以外に多かれ少なかれ「拒食」の要素も持っています。特に、排出型の過食症の人(嘔吐や、下痢・利尿剤・浣腸などの乱用をする人)は、「拒食」の要素が強いといえるでしょう。

・・・いかがでしたか?拒食症・過食症・むちゃ食い障害の違いが分かりましたね。

尚、このブログは、焦らなくていい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識 著ー水島広子の引用です。

次回は、「拒食」の要素とは」について書きたいと思います(*’͜’ )⋆*お楽しみに!

焦らなくてもいい!「拒食症」と「過食症」の正しい治し方と知識ー著水島広子

最後までよんでいただき、ありがとうございました➚ (ૢ›◡ु‹⁎)♡今夜はゆっくり休んでネ(*’͜’ )⋆*おやすみなさい꒰ღ˘◡˘ற꒱✯*・☪:.。

みか♡

 

過食症をみんなで克服!ワークショップ開催!

過食症との付き合い方を学べる「30日間チャレンジ」

『30日間チャレンジ』は、生活習慣(食べたもの、起床就寝時間)を毎日報告することで過食症克服への意識を高める習慣をつくり、30日間で「過食症との付き合い方」を学ぶための企画です。当サイトのスタッフが、過食症を本気で克服したい気持ちのある方を最大限サポートします(*´`)
毎月先着6名限りで参加者募集中のため、興味ある方はぜひ詳細をご覧ください。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 人気の記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。

  • 今日のつぶやき

ページTOP