1.摂食障害の始まりと拒食症

はじめまして! えれみです(*^^*)♪ 今回は私の生い立ちと、摂食障害(拒食症)になった経緯について書いていきたいと思います。過食のことは今回は書いていませんが、拒食症を抜きにして過食症を語れないと思ったので書かせていただきます!

 

私は父、母、弟2人、平凡な家庭で育ちました。弟が2人いるということで、小さい頃我慢することが多かったような気がします。でも、母はよく私を褒め、父も甘すぎるくらい優しかったです。

そんな平凡な家庭で育った私は、中学1年生の時に部活内で仲間外れにされ、陰口を言われ、友だちだと思っていた子に裏切られました。特に私が何かしたという訳ではなかったのですが、多分私がおとなしくて真面目だったのでその部活の中では目立っていたのでしょう。部活をやめることで辛さからは逃げることができましたが、それ以来友だちに嫌われること、裏切られること、仲間はずれにされることを恐れ、友人関係にとても慎重になりました。そして、痩せて可愛くなったら嫌われない、好かれるのではという気持ちが芽生えました。これが私の摂食障害の始まりです。そしてダイエットを始めた結果、それがどんどんエスカレートしていきました。

気が付いたら炭水化物とお肉と油っぽいものがほとんど食べられない状態でした。体重も15キロ以上減り見た目はガリガリ。それでも自分ではまだ太ってる、まだ痩せたいと思っていました。今考えれば拒食症の典型的な特徴ですよね。

幸い母が私の異変に気づき、しぶしぶ病院に行き入院はしなくて済みましたが、そこからが肥満恐怖との戦いでした。食べないといけないのに食べれない…。しかし、母の協力もあり一歩ずつですが次第に体重も増え、食べれなかったものが食べられるようになっていきました。

こうして、拒食症が治って約2年ほど、食べすぎず、食べなさすぎずの生活が続きました。でも、いつも頭の中でカロリー計算して、一定の体重をキープしていました。カロリー計算しないとどれくらいの量を食べたらいいのかわからなかった、満腹がわからなかったのです。

過食症をみんなで克服!ワークショップ開催!

過食症との付き合い方を学べる「30日間チャレンジ」

『30日間チャレンジ』は、生活習慣(食べたもの、起床就寝時間)を毎日報告することで過食症克服への意識を高める習慣をつくり、30日間で「過食症との付き合い方」を学ぶための企画です。当サイトのスタッフが、過食症を本気で克服したい気持ちのある方を最大限サポートします(*´`)
毎月先着6名限りで参加者募集中のため、興味ある方はぜひ詳細をご覧ください。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

えれみ
えれみ

はじめまして♡ 摂食障害歴約10年のえれみです♪ 拒食から非嘔吐過食になり、今も非嘔吐過食(稀に嘔吐)が続いています。 ここ2年間程摂食障害に苦しむ人たちとTwitterやLineでお話ししたり、手紙交換をしたり、直接...

プロフィール詳細はこちら
えれみが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 人気の記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。

  • 今日のつぶやき

ページTOP