“障害”はあってもいいもの?

こんにちは。ぴかるんです。

皆さんは、“障害” “障害者”と聞いてどのようなものを思い浮かべますか?

障害のある人のことを可哀そうだと思いますか?

私はこれまで25年以上、障害のある者として生活を送ってきました。

障害が人生を変えてしまったというほど、私に大きな影響を与えています。

今でも、やっぱり「障害のなかった人生は幸せなのかな…」とふとしたとき考えてしまいます。

考えたところで何も変わらないし、空想・妄想の世界で終わるのはわかってはいるけど、

特に落ち込んでいるときには考えられずにはいられません。

 

そんな私は、大学に進学し、福祉や精神保健を学びました。

大学で多くの人と出会い、ともに学んできました。

もちろん私を障害者扱いする人も中にはいましたが、

それ以上に、障害者としてではなく、ともに学ぶひとりの仲間として、

私を受け入れてくれるたくさんの仲間がそこにいました。

その仲間とは今でもおつきあいがあります。

 

このような出来事から、同じ障害を抱えていても、

その人が置かれている環境や状況、まわりの人の関係や障害という捉え方ひとつで、

変わってくることがわかりました。

もしかすると、人のこころが、障害というものを生み出しているかもしれませんね。

(このことで今も苦しんでいるかたがいらっしゃいましたら、ごめんなさい。)

ご存知でしたか? 障害の表記が変わっていること

皆さんは、お気づきでしょうか?

実はこの数年の間に、障害・障害者という表記を巡って議論されていました。

今から7~8年前は「障がい者」と表記しましょうとされていました。

これは、障害者という害という漢字が差別や偏見を生んでいるのではないか、ということで、

「障がい者」という表記に改められました。

少しわかりにくいですが、障がい者自身が害を与える存在ではないということです。

 

それから5年後…今から2~3年前から、また「障害者」と表記しようという動きがありました。

これは、社会とのかかわりのなかで障害に直面する者という意味で、再度「障害者」という表記が使われるようになりました。

つまり、障害は個人がもつものではなく、社会との接点により生まれてくるものであると意味づけされたのです。

言い換えれば、何かにチャレンジするときの障壁のことなのです。

この2つの違いが理解できますか??

そして、この障害は社会が改善・改良を重ねていけば、いつか障害がなくなるかも…ともされています。

この社会には、残念ながら、まだまだたくさんの障害があります。

うつ病では、「こころの風邪」としてかなり周知されてきましたが、まだまだ十分とはいえません。

障害の分野で最も遅れているのが、この心の病ともいわれている「精神障害」なのです。

しかしながら、よ~く考えてみると、

障害の中で最も多くの人がかかる可能性として高いのが、精神障害なのですね。

だからこそ、精神障害の知識、実際になってしまったときのサポート、

そして治療すれば回復できるという病気であると社会に広めていきたいと思っております。

ぴかるん

過食症をみんなで克服!ワークショップ開催!

過食症との付き合い方を学べる「30日間チャレンジ」

『30日間チャレンジ』は、生活習慣(食べたもの、起床就寝時間)を毎日報告することで過食症克服への意識を高める習慣をつくり、30日間で「過食症との付き合い方」を学ぶための企画です。当サイトのスタッフが、過食症を本気で克服したい気持ちのある方を最大限サポートします(*´`)
毎月先着6名限りで参加者募集中のため、興味ある方はぜひ詳細をご覧ください。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

全2件のコメント

  1. ぴかるん 11/18 21:23

    鷹れんさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    あまり周知されていないことですが、実はそんな意図があったようです。
    もっと社会に周知するべきだと思っています(私もどこかで他人事のように感じているのかもしれません)

    精神障害は、目には見えないかもしれませんが、
    もし精神障害の方々が過ごしやすい社会になっていけば、そのまわりの人々も過ごしやすい社会になっていくのでは…と個人的には考えています。
    そして、その社会を実現させるのは、他の誰でもなく、今生きている私たちの役目だと思っています。

  2. 鷹れん 11/16 15:24

    ぴかるんさん

    「障がい」に表記が変わったのは知っていて、最近「障害に戻ってるな」と感じていたけど、そんな意味合いの変化があったのですね。
    社会との接点をもつことで生まれるものだからこそ、支え合っていきたいですね(なんてのんきなことを言っていいのかもわからないけれど;)

    精神障害は、見えないし、明確な基準がないから難しいですよね。
    誰しもが多少なりともハンディキャップを持っていると思うけど、その全ての人が幸せに過ごせる日々が来ることを願っています(*´`)

    勉強、がんばってくださいね!!

  • 人気の記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。

  • 今日のつぶやき

ページTOP