身近に過食で悩む方がいる、そんな方へ。

image

 

こんにちは。最近の東京は暑いくらい良い天気が続いています。家の中にいる分には気持ち良いですが、外で作業されている方は大変ですよね・・・

さて、このサイトに初めて訪れてくださった方、そしてちょっと気になってはいた、という方、どんな立場の方が多いのでしょうか?おそらく大半の方が過食に悩む方だと思いますが、中には友人、彼女、娘さんが過食で、インターネットでいろいろ調べているうちにたどりついた、という方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな方に向けて、メッセージを書かせてください(^^)

過食症は難病です

症状を経験したことのない方がまず驚くのが、「異常な量を食べる」ということです。そして、更に驚くのが、それを「自分で吐いてしまう」という行為。

最近は摂食障害についての本などもいろいろ出版されていて、身近にそういう方がいる人は、大変だ、どうにかしなくては、といろいろ読んでくださっているかもしれません。そういう本を読むと、病院に連れて行かなくてはいけない!と思われるかもしれないですし、実際、心療内科の受診を勧める本もあります。

しかし、過食症は「国の難病指定」になっています。つまり、よほど詳しいお医者さんでなければ診ることが出来ない、ということ。近くの心療内科に急いで連れて行って、吐き気止めや食欲を減退させる薬などを処方してもらい、これを2週間くらい飲めば治るのかな?・・・そういう病気ではないのです。

食べることを責めないでほしい

過食症の表面に現れている症状としては、とにかく食べてしまうということなので、ついつい「食べすぎると治らないよ」とか「まず、食べるのをやめなさい」と言いたくなってしまうかもしれません。

私たちは専門家ではないので、絶対とは言い切れませんが、共通の意見として「食べることで、何かを埋め合わせている」「食べることを否定されてしまうと、はけ口が無くなってしまう」よって、「食べること、食べてしまう自分を責めないでほしい」とアドバイスしています。

またたくさん食べている、そう思っても、きっとそれで何かを埋め合わせているんだ、と思って頂きたいです。そして、同時に、「何を埋め合わせているんだろう」と少し戻って考えてみてほしいのです。

身近に話せる人がいる素晴らしさ

過食症の人は、多くの人が孤独を感じています。そして繊細です。過食症であることを友達にも、そして家族にも言えず、インターネットなどで「食べたい、吐きたい」「食べてしまったから死にたい」と、苦しんでいます。

そんな時に、「どうして食べるの?」ではなく、「何か、悩んでいることあるの?」と悩みを聞いてくれる人が身近にいて、一緒に考えてくれる心強さと言ったら!私たちはご本人に一時的なアドバイスしかできませんが、身近に話せる人がいれば、過食症の対処の仕方はわからないかもしれませんが、悩み自体は相談できるので、ココロモ安定してくるかもしれません。

相談は身近な方からも受け付けています

先日運営チームで話していて、サイトの名前上、相談は「過食症の女性」しかできないという印象をあたえてしまっているのでは?という話題になりました。

メンバーは女性で過食経験のある方とさせていただいていますが、ご相談はお友達やご家族からも受け付けています。

相談フォームはご本人向けに作ってあるので、少し記入しづらくて申し訳ないのですが、もし身近に、過食で悩む人がいる方、言われてはいないけれど、最近少し食べ方の様子が変わってきて心配だという方など、お気軽にご相談ください。内容によっては少しお時間頂いてしまうかもしれませんが、過食経験のあるメンバーが対応のアドバイスなどをお伝えさせていただきます。

*その際のお願い*

記入していただく情報は、「悩んでいる方」の情報をお願いします。(例:年代や過食歴など)

ただ、過食症のようなのですが、だけですと、ご本人の状態もなかなかわからないので、きっかけ、などは普段の生活を見てみて、例えば定期試験前が多いです、ですとか、友達と遊びに行った後が多いです、など、具体的に書いていただけると、メンバーも回答しやすいです。

また、もうすでにご本人から相談されている場合は、このサイトの存在を伝えてくださると嬉しいです。

*相談に応じられない内容も残念ながらあります*

これは私(このめ)自身の経験ですが、摂食障害専門の病院に行ったことがありました。おそらく、検索すると出てくると思います。私の場合は入院しての治療を勧められましたが、なにせ金額がとてつもなく高かったです。(おそらく、一か月100万円くらいと言われました)。

またオリジナルの治療法で治すクリニックもあるようですが、診察がとにかく高額です。私は結局入院もしませんでしたし、特別な治療もしなかったのですが、もしかすると入院や治療によって改善されるのかもしれません。

しかし、この病気は再発することがとても多く、再発するたびに高額な治療費をかけて通院や入院することは、基本的におすすめしていません。

ですので、○○市に住んでいますが、いい病院を教えてください、などの質問には、責任が持てませんので、お答えできかねます。ただ、メンバーが通院したことのある病院でしたら、雰囲気はお伝えできるかもしれません。

最後に★

「過食症の原因は親子関係」どバンッと書かれている本などもあり、私が悪かったのか・・・と考え込んでしまっているご両親もいらっしゃるかもしれません。また、付き合っている彼女が過食症の場合、自分が原因なのか?と不安に思うかもしれません。

過食症に悩む方、そして周りの方も、どうぞ、ご自分を責めないでください。身近な人の理解は、回復のためにとてもよいことだと思います。変に気を遣うでもなく、悩みをきいて、安心できる場所を作ってあげてください。私たちは、その環境作りを、微力ながらお手伝いできれば幸いです。

過食症をみんなで克服!ワークショップ開催!

過食症との付き合い方を学べる「30日間チャレンジ」

『30日間チャレンジ』は、生活習慣(食べたもの、起床就寝時間)を毎日報告することで過食症克服への意識を高める習慣をつくり、30日間で「過食症との付き合い方」を学ぶための企画です。当サイトのスタッフが、過食症を本気で克服したい気持ちのある方を最大限サポートします(*´`)
毎月先着6名限りで参加者募集中のため、興味ある方はぜひ詳細をご覧ください。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 人気の記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。

  • 今日のつぶやき

ページTOP